幼児教育の重要性とは

subpage01

満1才から小学校に上がるまでを、幼児と言い、この時期に行う教育を幼児教育と呼びます。

幼児期とは、人生の中で僅か5〜6%に過ぎない短い期間です。


この期間は、人間形成や能力、才能が芽吹く大事な時期と言われています。
そしてこの時期に、幼児は様々な経験を積み重ねていきます。
又幼児期は、一生の中で最も物事を吸収出来る時期でもあります。

そして、この大切な時期は、人生に於いて一度切りのものです。
知的な発達、心の発達、社会性というものも、この時期に培われます。



親達は、幼児教育が、その子の後の人生を大きく左右することを、しっかり認識しなければならないです。


子供の教育について、常に関心を払うことも必要となってきます。
幼児教育は、生涯にわたる学習の基礎を作り、能力を伸ばし、才能を開花させることを重視しています。
幼児期の経験が、豊かな感性を養うと共に、学習意欲や好奇心、やる気を習得していきます。
この時期にもう一つ重要なことがあります。
それは、母親との触れ合いです。母親と一緒に、本を読んだり、遊んだりして、楽しみを共有することが大切なコミニュケーションです。そして小学校以降の学習は、この幼児期の学びが大きく作用していきます。学びの本質は、幼児期に育まれたものであり、大人になっても影響力が大きいです。
このストレス社会で、子育てをして行くのは大変なことです。

幼児は、親や周りの人達の協力がなければ成長していけません。

基本も充実したエキサイトニュース選びをサポートするサイトです。

少し遠回りでも、焦らず、一休みしながら子育てをしていくのがベストでしょう。

赤ちゃんが夜泣き情報ならこちらをご利用ください。